保健師の仕事内容

保健師の仕事内容は?

保健師の仕事内容は幅広いですが、目的は人々の健康増進や健康管理のためということでほぼ1点に集約されるでしょう。
行政保健師・学校保健師・企業保健師と保健師にもいろいろな働き方がありますが、これも相手にする方が地域住民か学校の生徒か、そして従業員かという違いになります。保健師の方がやりがいを感じるのは、やはりそれぞれ健康を管理するべき相手と直接触れ合い、満足してもらえた時になるのではないかと思います。

 

行政保健師の場合、採用試験にパスした後配属になる場所で大きく仕事内容は変わるでしょう。母子福祉・老人福祉といった分野だけでなく、直接健康相談を担当する方か関係機関との調整を行う方かといった問題もあります。

 

中には役所として各種手続きなどを業務とする方も必要ですから、保健師ではありますが普通の「公務員」に近い仕事内容となることもありえます。もちろん地域福祉に貢献するという点では保健師の大切な仕事なのですが、「保健師」としての仕事をしたい方にとっては最初仕事内容にギャップを感じる場合もあるようです。

 

学校保健師の場合、その多くは養護教諭として生徒や保護者の相手をすることになるでしょう。他にはもちろん保健室で具合が悪い生徒、怪我をしてしまった生徒の面倒を見なければいけませんし、健康診断なども業務のうちに入ります。

 

直接授業を行う必要はありませんが、時には学校からの要請で保健指導を生徒の前で行うこともあります。生徒からの悩みに答えたり、メンタルケアを行うことも養護教諭の大切な役割です。

 

企業保健師の場合、基本的にはその企業の社員として働くわけですからその企業の指示に従って仕事を行うことになります。基本的には健康管理の任や従業員の健康相談、職場の健康対策などを引き受けることになるでしょうが、職場によっていろいろな事情があると思います。

 

その他いろいろな仕事を任されるにしても、社員である以上上司・企業の指示に従って動くことになるでしょう。とはいえ多くの企業では従業員の生活習慣病予防などを行ってもらうことが多いですし、やはり仕事の基本は保健師という職業の範囲をあまりはみ出ないのが普通です。

 

企業保健師も学校保健師と同様、最近はメンタルケアについてアドバイスを求められたり対策を立てることを要請されることが多くなっています。ただメンタルヘルスについての知識を得るだけでなく、そうした人に親身になって接することができるコミュニケーション能力まで求められています。

保健師求人サイト人気ランキング